ED治療薬博士の手記   >   どうしてEDになるのか

どうしてEDになるのか

EDで悩む男性

男性特有の症状であるEDは何が原因で発症してしまうのでしょうか。
EDとは勃起不全と呼ばれる症状であり、古い時代から問題視されている症状です。 「自分は勃起するから大丈夫」「セックスもオナニーにも満足している」とその症状を軽視されてる方も多いと思いますが、EDは些細な物事から発症する症状です。

ED(勃起不全)には様々な要因があります。
一番の原因として挙げられているのが不安や緊張といった心因的な問題と言われています。 私たち人間にとって日常生活の不安や緊張というのはつきものですが、重度なものになると心を脅かす存在となってしまいます。
特に男性の場合だと心因的な問題というのはペニスに大きな影響を与えてしまうことがあり、今までEDではなかったのに突然発症してしまったという声も多いです。 特に性行為の失敗談が影響を与えることが多く、中折れや早漏といった症状から重度なEDへと繋がる場合もあります。
男性にとって性行為は女性に男を見せることができる時間です。 そんなプライドが掛かった時間に大きな失敗をしてしまうと性行為事態に不安や緊張を感じてしまうようになります。 パートナーと性行為が上手くいっているから大丈夫と安心せず、EDという症状がどのようなものかを知ることが大切です。

また、若い方の場合は心因的な問題で発症することが多いEDですが、40代や50代の方は体の衰えで発症させてしまうことがあります。 ペニスの機能は年齢を重ねることで他所と同じように衰えていきます。
特に40台を超えると急激に衰えを感じる方が多くEDを発症させやすい年代ともいわれています。 しかし、その年代になったからといって必ずEDを発症させるということはありません。60代70代になってもセックスが大好き!という男性が多く存在します。

とにかくEDを防ぐためには早い段階で「自分はED」という自覚をするということが大切です。 性行為で失敗した、中折れを経験した、ペニスの硬さが感じられないなどEDは徐々に勃起に関する物事に関わってくるため、それを見逃さないことが大切です。 もしそれに気づいた場合はバイアグラ・レビトラ・シアリスといったED治療薬を使用してみてください。バイアグラは知名度が高く信頼できる薬です。 また安い値段で薬を購入したい場合はシアリスやタダシップといったジェネリックタイプを選んでも良いと思います。